アジアにめざめたら アートが変わる、世界が変わる 1960-1990 年代

■開催場所:東京国立近代美術館

■開催期間:2018年10月10日(水)~12月24日

■開催時間:10:00~17:00(金・土は20時まで開館、入館は閉館30分前まで)

■休館日:月曜日(12/24は開館)

■引用元:http://www.momat.go.jp/am/exhibition/asia/

発展と変容の著しいアジア。現代写真・美術の世界においても、アジアに向けられる視線はますます熱くなっています。本展は家族、セクシュアリティ、ジェンダーのあり方に焦点をあて、変わりゆくアジアの現在をご紹介いたします。出展作家は、中国、シンガポール、台湾、韓国、在日コリアン、そして日本の女性アーティストによって構成されています。国も年齢もアーティストとしてのキャリアも異なる彼女たちの作品は、アジアン・コンテンポラリーとして高い評価を得ているという共通点以上に、女性の価値観が様々に変容するアジアの“今”を共有しています。彼女たちはそれぞれの現実を直視し、それぞれの“今”に思いを巡らせながら走り続けています。その眼差しの奥底にあるもの、それは「愛について」。

○東京国立近代美術館

所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
電話 03-5777-8600
交通 東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
URL http://www.momat.go.jp/