イサム・ノグチ ―彫刻から身体・庭へ―

■開催場所:東京オペラシティ アートギャラリー

■開催期間:2018年7月14日(土)~9月24日(月)

■開催時間:11:00~19:00(金・土は20時まで開館、入館は閉館の30分前まで)

■休館日:月曜日(但し祝日の場合翌火曜日)、8/5

■引用元:http://www.operacity.jp/ag/exh211/

イサム・ノグチ(1904-88)は、詩人・野口米次郎とアメリカ人の母親のもとに生まれ、世界文化を横断しながら生き、彫刻をはじめ舞台美術や家具、照明器具「あかり」のデザイン、陶芸、庭、ランドスケープ・デザインまで、幅広い巨人的な制作を行いました。本展は、ノグチが抽象彫刻の分野にあっても常に「身体」を意識し続けたことや、そうした意識が、子供のための遊具デザインやランドスケープといった人間をとりまく環境へ向かい、ノグチ自身がいう「空間の彫刻」=庭園への情熱に拡大していったことに着目します。…多様な作品を通して、「異文化の融合」や「生活と環境の一体化」をめざしたその活動の全容に迫ります。

○東京オペラシティ アートギャラリー

所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2
電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
交通 小田急線 参宮橋駅より徒歩約14分
都営地下鉄大江戸線 西新宿五丁目駅A2出口より徒歩約17分
URL http://www.operacity.jp/ag/