カタストロフと美術のちから展

■開催場所:森美術館

■開催期間:2018年10月6日(土)~2019年1月20日(日)

■開催時間:10:00~22:00

■休館日:会期中無休

■引用元:https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/catastrophe/index.html

東日本大震災やアメリカ同時多発テロ、リーマンショックなど世界各地で絶えず発生するカタストロフ(大惨事)。多くのアーティストがこのような悲劇的な災禍を主題に、惨事を世に知らしめ、後世に語り継ごうと作品を制作しています。…
戦争やテロ、難民問題や環境破壊など、危機的な問題が山積する今日において、美術が社会を襲う大惨事や個人的な悲劇とどのように向き合い、私たちが再生を遂げるためにどのような役割を果たすことができるのか。本展は、負を正に転ずる力学としての「美術のちから」について注目し、その可能性を問いかけます。

○森美術館

所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
電話 03-5777-8600
交通 「六本木駅」1C出口 徒歩0分(コンコースにて直結)
URL https://www.mori.art.museum/jp/index.html