ルーベンス展—バロックの誕生

■開催場所:国立西洋美術館

■開催期間:2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)

■開催時間:9:30~17:30

■休館日:月曜日

■引用元:http://www.tbs.co.jp/rubens2018/

本展覧会はこのルーベンスを、イタリアとのかかわりに焦点を当てて紹介します。イタリアは古代美術やルネサンス美術が栄えた地であり、バロック美術の中心もローマでした。フランドルのアントウェルペンで育ったルーベンスは、幼いころから古代文化に親しみ、イタリアに憧れを抱きます。そして1600年から断続的に8年間この地で生活し、そこに残る作品を研究することで、自らの芸術を大きく発展させたのです。本展はルーベンスの作品を、古代彫刻や16世紀のイタリアの芸術家の作品、そしてイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示し、ルーベンスがイタリアから何を学んだのかをお見せするとともに、彼とイタリア・バロック美術との関係を明らかにします。近年では最大規模のルーベンス展です。

○国立西洋美術館

所在地 東京都台東区上野公園7-7
電話 03-5777-8600
交通 JR上野駅下車(公園口出口)徒歩1分
京成電鉄京成上野駅下車 徒歩7分
東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅下車 徒歩8分
URL http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html