上海現代竹彫刻精品展

■開催場所:日中友好会館美術館

■開催期間:2018/02/01~2018/02/25

■開催時間:10:00~17:00

■休館日:水曜日

■引用元:http://www.jcfc.or.jp/blog/archives/11232

 上海嘉定地区に伝わる竹彫刻(竹刻)は、筆を使ったような流麗な刀遣いが特徴で、詩や書、絵や立体像を竹と一体化させ表現します。文人の風格を持ち合わせた芸術性の高さから、清時代の初期には宮廷への献上品とされていました。
 その技術は主に家族や師弟の間で継承されており、2006年には第一次国家級無形文化遺産として登録されました。本展では、無形文化遺産伝承人のひとり・張偉忠氏を中心に現代の工芸士による嘉定の竹彫刻約80点を展示いたします。

○日中友好会館美術館

所在地 〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3
電話 03-3815-5085
交通 ・都営大江戸線・飯田橋C3出口より徒歩約1分
・JR、地下鉄・飯田橋駅より徒歩7分
・丸ノ内線・後楽園駅より徒歩10分
URL http://www.jcfc.or.jp/