典雅と奇想―明末清初の中国名画展

■開催場所:泉屋博古館分館

■開催期間:2017/11/03~2017/12/10

■開催時間:午前10時00分~午後5時00分(入館は4時30分まで)

■休館日:月曜日

■引用元:https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/program/index.html

中国の明時代末期(16世紀後期-17世紀前期)は、反乱や飢饉など政治的経済的混乱から不安な時代が続き、ついには北方の異民族であった清の支配へと大きく社会が変動しました。明に仕えた画家たちは追われる中で絵を描く者や新たに清朝に仕えるなど、先の見えない時代の中で創造力を発揮したのです。
この明末清初(16世紀後期~18世紀初)の中国には、主流となった呉派を発展させた正統派の画家が活躍する一方で、彼らの典雅な山水表現に背を向けた異端の画家たちが現れます。呉彬はじめ徐渭や石濤、八大山人から清初の惲寿平など、これらの画家たちは非常に個性的で、人目を驚かすような奇想的ともいえる造形を生みだしました。彼らの作品は、中国絵画史の中では長く等閑視されてきましたが、近年の研究によってその造形的魅力が広く認識されはじめています。
本展は、当館のコレクションを軸として、他の美術館・博物館所蔵の名品優品をこれに加え、「典雅と奇想」という切り口で明末清初の中国絵画を見直し、歴史の変動期に生きた画人たちを紹介するものです。

○泉屋博古館分館

所在地 〒106-0032 東京都港区六本木1-5-1
電話 03-5777-8600
交通 東京メトロ南北線六本木一丁目駅から徒歩3分
銀座線溜池山王駅から徒歩10分
日比谷線神谷町駅から徒歩10分
URL https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/