北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

■開催場所:国立西洋美術館

■開催期間:2017/10/21~2018/01/28

■開催時間:9:30~17:30

■休館日:毎週月曜日および年末年始

■引用元:http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2017hokusai.html

19世紀後半、日本の美術は、西洋で新しい表現を求める芸術家たちを魅了し、“ジャポニスム”という現象が生まれました。なかでももっとも注目されたのが、天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その影響は、モネやドガら印象派の画家をはじめとして欧米の全域にわたり、さらには絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などあらゆる分野に及びました。北斎芸術が、西洋における新しい造形表現を生み出す原動力となったのです。
本展は、西洋近代芸術の展開を“北斎とジャポニスム”という観点から編み直す、世界初の展覧会です。国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをふくめた西洋の名作約220点と、北斎の錦絵約40点、版本約70冊(出品点数は予定、会期中展示替えあり)を比較しながら展示します。北斎という異文化との出会いによって生み出された西洋美術の傑作の数々を堪能いただくとともに、西洋の芸術家の眼を通して北斎の新たな魅力も感じていただけることでしょう。

○国立西洋美術館

所在地 〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
電話 03-3828-5131
交通 JR上野駅下車(公園口出口)徒歩1分
京成電鉄京成上野駅下車・徒歩7分
営団地下鉄銀座線、日比谷線上野駅下車・徒歩8分
URL http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html