和田誠と日本のイラストレーション

■開催場所:たばこと塩の博物館

■開催期間:2017/09/09~2017/10/22

■開催時間:午前10時~午後6時

■休館日:月曜日(9/18、10/9を除く)9月19日(火)、10月10日(火)9月8日(金):展示準備のため臨時休館

■引用元:https://www.jti.co.jp/Culture/museum/exhibition/2017/1709sep/index.html

日本において、「イラストレーション」「イラストレーター」という言葉は、戦後、特に1960年代以降に広く知られるようになりました。そのきっかけは、1964年の東京イラストレーターズ・クラブの結成と、1965年から発行された「話の特集」などの雑誌メディアによるものが大きかったとされています。そうした日本のイラストレーションの発展の中心にいたのが、「ハイライト」や「週刊文春」の表紙デザインなどで知られる和田誠さんです。和田さんは、多摩美術大学在学中の1957年、当時グラフィックデザイナーの登竜門であった日宣美賞を受賞し、プロの道に進みました。その後、灘本唯人さん、宇野亞喜良さん、山下勇三さん、横尾忠則さんらとともに、「イラストレーター」という職業をアピールし、その仕事の幅を広げました。そして、さらに湯村輝彦さん、安西水丸さん、南伸坊さん、矢吹申彦さんなど多くの後輩イラストレーターにも影響を与えました。
 本展覧会では、和田さんの仕事や多くのイラストレーターとの交流を中心に、日本のイラストレーションの歴史を紹介します

○たばこと塩の博物館

所在地 〒130-0003 東京都墨田区横川 1-16-3
電話 03-3622-8801
交通 ・東京メトロ半蔵門線、都営浅草線、京成線、東武スカイツリーライン「押上(スカイツリー前)駅」より徒歩12分
・都営浅草線「本所吾妻橋駅」より徒歩10分
・東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」より徒歩8分
・JR総武線「錦糸町駅」より徒歩20分
URL https://www.jti.co.jp/Culture/museum/index.html