大正モダーンズ 大正イマジュリィと東京モダンデザイン

■開催場所:日比谷図書文化館

■開催期間:2018年6月8日(金)~8月7日(火)

■開催時間: 10:00~20:00(土は19時まで、日・祝は17時まで開館、入館は閉館の30分前まで)

■休館日: 6/18、7/16

■引用元:https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/museum/exhibition/taisho-modern.html

日比谷図書文化館では2018年6月8日(金曜日)より、「大正モダーンズ~大正イマジュリィと東京モダンデザイン~」を開催いたします。大正~昭和初期にかけて、マスメディアの発達、印刷技術の革新により、書籍、雑誌、パンフレット、絵はがき、広告など、「イマジュリィ」と呼ばれる大衆的な複製印刷物が数多く生み出されました。それに伴い出版界が隆盛し、竹久夢二や小村雪岱など、多くの人気画家たちが小説や雑誌の挿絵、書籍の装幀を手がけました。
また、この時代はキネマ(映画)、演劇、音楽、カフェ、モダンファッションなど、様々な大衆文化が花開いた時代であり、銀座をはじめとする東京がその中心であったと言えるでしょう。商業デザインという概念が生まれたのもこの頃で、杉浦非水はその先駆けと呼ばれました。

本展は、千代田区が東京ステーションギャラリーと共催で開催する「夢二繚乱」(2018年5月19日~7月1日)と連動して開催され、竹久夢二の生きた大正時代のデザインを紹介するものです。
雑誌や装幀、パンフレットやパッケージデザインなど、いまなお清新な輝きを放つ大正〜昭和初期にかけての様々なグラフィック・デザインを紹介します。

○日比谷図書文化館

所在地 東京都千代田区日比谷公園1-4
電話 03-3502-3340
交通 東京メトロ東西線、半蔵門線・都営新宿線「九段下」駅下車
4番または6番出口から徒歩5分
URL https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/