月岡芳年 妖怪百物語

■開催場所:浮世絵 太田記念美術館

■開催期間:2017/07/29~2017/08/27

■開催時間:月曜日 ※8月29日~8月31日展示替期間のため

■休館日:月曜日 ※8月29日~8月31日展示替期間のため

■引用元:http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/%e6%9c%88%e5%b2%a1%e8%8a%b3%e5%b9%b4%e3%80%80%e5%a6%96%e6%80%aa%e7%99%be%e7%89%a9%e8%aa%9e

月岡芳年(1839~92)は幕末から明治にかけての浮世絵師です。歌川国芳の門下であり、明治時代には最も人気のある浮世絵師の一人として第一線で活躍し続けました。芳年は武者絵、歴史画、美人画など幅広いジャンルの作品を手がけましたが、生涯に渡って力を注いだテーマとして、歴史や伝説、小説、芝居などの怪奇的な物語に取材した妖怪画があります。芳年自身にも、たびたび幽霊を見たという逸話が残り、また怖い話が上手で百物語を語ることもあったと伝わります。芳年が手がけた数多くの作品の中でも、画業の初期に描いた26図からなる揃物「和漢百物語」と、最晩年に手がけた36図からなる揃物「新形三十六怪撰」という二つの作品は、ともに多数の妖怪たちが登場する怪奇画集の傑作として知られています。
 本展では、「和漢百物語」と「新形三十六怪撰」をそれぞれ全点公開するとともに、初期から晩年までの作品をあわせて約100点を出品し、芳年が描く妖怪画の世界を紹介いたします。9月1日より始まる特別展「月岡芳年 月百姿」と合わせ、2ヵ月続きで月岡芳年の魅力をお楽しみください。

○浮世絵 太田記念美術館

所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-1
電話 03-3403-0880
交通 JR山手線…原宿駅表参道口より徒歩5分
東京メトロ千代田線/副都心線…明治神宮前駅5番出口より徒歩3分
URL http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/