木島櫻谷 PartⅠ 近代動物画の冒険 生誕140年記念特別展

■開催場所:泉屋博古館分館

■開催期間:2018/02/24~2018/04/08

■開催時間:午前10時00分~午後5時00分(入館は4時30分まで)

■休館日:月曜

■引用元:https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/program/index.html

明治から昭和にかけて活躍した京都の日本画家木島櫻谷(このしま おうこく1877-1938)。
京都の円山・四条派の流れをくむ今尾景年に学んだ櫻谷は、20代で頭角を現し、明治後半から大正期にかけて文展の花形として活躍しました。画業のなかで、最も高く評価されたのが動物画です。それは徹底した写生を基礎に、卓越した技術と独自の感性により創造されたもの。確実で精緻にとらえられた動物の表情は、一方で情趣にあふれ、どこかもの言いたげです。
本展では彼の描いた”動物”に着目し、その代表作はもちろん未公開作品を一堂にあつめ、多様な表現とその変遷をたどります。また櫻谷文庫に遺された多くの資料調査から、それらの制作背景や画材などをあわせて紹介します。(展示替えがあります)

○泉屋博古館分館

所在地 〒106-0032 東京都港区六本木1-5-1
電話 03-5777-8600
交通 東京メトロ南北線六本木一丁目駅から徒歩3分
銀座線溜池山王駅から徒歩10分
日比谷線神谷町駅から徒歩10分
URL https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/