正宗得三郎

■開催場所:府中市美術館

■開催期間:2017/11/03~2017/12/28

■開催時間:月曜日

■休館日:午前10時から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)

■引用元:http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/masamune.html

正宗得三郎は、絵は情熱で描くべきことを青木繁から、色彩は魔法のように用いるべきことをアンリ・マチスから、そして真実の世界を描くべきことを最後の文人富岡鉄斎から学びました。自らの絵画を「色彩の音楽」として謳いあげ、また独学の無名画家、長谷川利行の東洋的和魂の画風をいち早く評価するなど、西洋絵画と拮抗しうる日本近代絵画の特質を訴え、南画と油彩画との融和によって、日本的で柔らかな作品を生み出しました。
 正宗の戦中の飯田時代、戦後の府中時代の作品約100点で構成し、皆様のご来場をお待ちしております

○府中市美術館

所在地 〒183-0001 東京都府中市浅間町1-3 (都立府中の森公園内
電話 042-336-3371
交通 ●京王線東府中駅から徒歩15分
●京王線府中駅から武蔵小金井行きバス(1本通り経由)約7分「天神町二丁目」下車・(生涯学習センター経由)約8分「府中の森公園北」下車
URL http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/