没後30年 銅版画家 清原啓子

■開催場所:八王子市夢美術館

■開催期間:2017/11/11~2017/12/14

■開催時間:10:00〜19:00

■休館日:月曜日

■引用元:http://www.yumebi.com/

銅版画家、清原啓子(1955年〜1987年)が、その短い生涯の中で残した作品は僅か30点。久生十蘭や三島由紀夫などの文学に傾倒し、神秘的、耽美的な「物語性」にこだわった精緻で眩惑的な銅版画は、没後30年を経て、今なお人々を魅了しています。

本展覧会では、夭折の銅版画家として伝説的に語られる清原啓子の全銅版画と、銅板の原版及び下絵素描、最後の完成作「孤島」の制作過程を示す試刷り、制作ノートなど、未発表を含む様々な資料を展示します。また、彼女が影響を受けたヨーロッパの画家・版画家(ジャック・カロ、ギュスターヴ・モロー、ロドルフ・ブレスダン、オディロン・ルドン)の作品を紹介し、清原の制作の源泉をたどり、その全貌に迫ります。

○八王子市夢美術館

所在地 〒192-0071 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
電話 042-621-6777
交通 <電車>
JR線「八王子駅」下車北口より徒歩15分。
京王線「京王八王子駅」下車徒歩18分。
<バス>
JR八王子駅北口〔6~10〕乗り場或いは、京王八王子駅〔2・3〕乗り場から「八日町一丁目」下車、徒歩1分。
URL http://www.yumebi.com/