特別展「始皇帝と大兵馬俑」

約36年を費やし、70万人の人々を動員して作り上げられた陶製の軍隊。上野の東京国立博物館で開催されている「始皇帝と大兵馬俑」の展示を拝見いたしました。

西安郊外の広大な陵墓で長い間眠り続けていた8千体の兵士と数百頭の馬。

1974年、井戸を掘っていた地元の農夫が陶器の破片を掘り出し調査したことから始皇帝の陵墓の副葬品であることが判明。考古学史上、最大の発見の1つとなったのです。

 

dsc06592