田根剛|未来の記憶 Archaeology of the Future ─ Digging & Building

■開催場所:東京オペラシティ アートギャラリー

■開催期間:2018年10月19日(金)~12月24日(月)

■開催時間: 11:00~19:00 (金・土は20時まで開館、入場は閉館の30分前まで)

■休館日:月曜日(12/24は開館)

■引用元:http://www.operacity.jp/ag/exh214/

フランスを拠点に世界各地でプロジェクトを進め、現在もっとも注目を集める気鋭の建築家・田根剛(たね つよし)。20代の若さでドレル・ゴットメ・田根(DGT.)として〈エストニア国立博物館〉の国際設計競技に勝利し、選出から約10年の歳月を経た2016年秋に同プロジェクトが竣工を迎えるなど、国内外の注目がさらに高まっています。また、2012年に行われた新国立競技場基本構想国際デザイン競技(ザハ・ハディド案選出時)に参加し、11人のファイナリストに選ばれた〈古墳スタジアム〉は幅広い層に知られるきっかけとなりました。2017年のDGT.解散後はAtelier Tsuyoshi Tane Architectsをパリに設立し、活動の場をさらに広げています。

○東京オペラシティ アートギャラリー

所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2
電話 03-5777-8600
交通 京王新線(都営地下鉄新宿線乗り入れ) 初台駅東口下車 徒歩5分以内
URL https://www.operacity.jp/ag/