遮光器土偶と花鳥図屏風

■開催場所:東京黎明アートルーム

■開催期間:2017/10/10~2017/10/25

■開催時間:10:00~16:30

■休館日:10/15(日)

■引用元:http://www.museum-art.torek.jp/info.html

開室2周年をむかえる10月。

絵画は六曲一双の「花鳥図屏風」(狩野派 室町時代)と
「西行法師行状絵詞巻第三断簡」(俵屋宗達筆 江戸時代)を展示します。

2階には遮光器土偶を2作品展示します。

1体は昨年開催された「妖怪展」(東京江戸博物館/あべのハルカス美術館)で展示された作品です。
もう1つは頭部のみの作品ですが、見ごたえのある堂々とした土偶です。縄文時代に作られた女性を模したと思われる土製の人形、土偶。遮光器土偶の他にも土偶のタイプはいくつかありますが、土偶といえば遮光器土偶を連想させるほど有名なタイプの土偶です。ちなみに遮光器土偶の名称は、目の部分がイヌイットの着用する遮光用のゴーグルに似ていることに由来し名づけられたそうです。

1階には中国宋時代のやきもの3点、南北朝時代の青磁1点、高麗青磁4点を展示します。その他、日本の陶磁器20点(常設展示作品19点含む)、アジアの仏教彫刻9点(8点の常設展示作品含む)、そして岡田茂吉作品を展示します。

また、3年目の幕開けを記念し立礼席のお茶席(11:00-15:00)を設けます。皆様のご来室を心よりお待ちしております。

○東京黎明アートルーム

所在地 〒164-0003 東京都中野区東中野2-10-13
電話 03-3369-1868
交通 JR 東中野駅 西口より 徒歩7分
都営大江戸線 東中野駅 A3出口より 徒歩6分
東京メトロ 東西線 落合駅 A1出口より 徒歩14分
東京メトロ 丸の内線 中野坂上駅 2番出口より 徒歩13分
URL http://www.museum-art.torek.jp/