17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展

■開催場所:戸栗美術館

■開催期間:2017/05/27~2017/09/02

■開催時間:10:00~17:00

■休館日:月曜(6/26、7/17、7/24、8/28を除く)、7/18

■引用元:http://www.toguri-museum.or.jp/tenrankai/

「うつわを見る」時、何に注目されるでしょうか。何焼であるのか、何に使うものか、あるいは色や文様でしょうか。しかしこれらの他にも、やきものには実に多くの見所があるのです。同じ「古伊万里」でも、丸い皿もあれば四角い皿、花形の皿もあり、素地の白さも青味がかったものもあれば乳白色のものもあり、一様ではありません。それぞれの違いが何によって生まれているのか、一歩踏み込んで考えながら観察していると、ふと、うつわの新たな一面を発見できることがあります。その時、今まで目に留めることのなかった作品が、急に自分だけの「逸品」になるかもしれません。
 とくに今回取り上げる17世紀は、古伊万里にとって、誕生と技術革新によって、多様な作品が生み出された時代です。「かたち」や「素地の白」など15のテーマのもとに並んだ個性豊かな約70点を、じっくり観察しながら皆様のお気に入りの「逸品」を是非探してみてください。

○戸栗美術館

所在地 〒150-0046 東京都渋谷区松涛1-11-3
電話 03-3465-0070
交通 ●「渋谷駅」より徒歩15分
●京王井の頭線「神泉駅」より徒歩10分
URL http://www.toguri-museum.or.jp/index.php