只野彩佳

2016年 武蔵野美術大学 造形学部日本画学科 卒業
2018年 東京藝術大学大学院美術研究科 芸術学専攻 美術教育 修了

支持体は和紙、メディアは日本画で絵画を制作
色と戯れながら理想郷を探す

人々の鑑賞観に興味があります。
修士論文「美術がわかるとは何かーその言語性から浮かび上がる救いー」

選歴
2013年 第21回三菱商事アート・ゲート・プログラム 入選(以降25,27,35回)
2014年 第40回記念春期創画展(東京) 入選(以降41回)
2014年度三菱商事アート・ゲート・プログラム奨学生 認定
2014年武蔵野美術大学芸術祭展示大賞ファイン部門 優秀賞
2016年 シェル美術賞2016 入選
2017年 東京藝術大学安宅賞 受賞

個展
2016年  5月 只野彩佳 個展(コート・ギャラリー国立)
2017年  3月 只野彩佳 個展「見たことはない故郷」(GALLERY b. TOKYO)
2018年  8月 只野彩佳 個展「-帳の向こうを望む-」(銀座画廊 美の起原)

光る草原と風の音

日本画 2018年 制作

P4 ※額装なし

51,840円(税込)

静かな白い海

日本画 2018年 制作

P4 ※額装なし

51,840円(税込)

花見壷

日本画 2018年 制作

535mm×410mm ※額装なし

129,600円(税込)