吉城 弘

略歴

桑の実美術学園研究所主宰
多摩美術大学校友会名誉理事

1947
1950
自由美術展初入選、日本アンデパンダンに出展、制作を始める。
多摩美術大学、東京芸大専攻課程を経て太平洋画会に招かれ常務理事、研究所長を歴任。
1955 第1回個展(フォルム画廊)、以来サエグサ・東京セントラル・TAMARX矢吹等で個展
太平洋画会を退会し、フリーとなり、諸外国に作品を発表し、国際展受賞15回。
2003 日ロ友好作家の称号を受賞、イスラエルとタイの美術館に作品収蔵。