土田翔

絵描き/東北芸術工科大学大学院複合芸術領域所属。福島県出身。東北を拠点に活動。

日本画家・小松均の研究を下敷きに自らの絵画論を構築し、複数のメディアや身体が介在する表現方法を展開。

近年の活動として

「最上川芸術祭2020 ENCOUNT-最上川に刻む-土田翔展」(最上川美術館/山形、2020年)
「アートアワードトーキョー丸の内2020」小山登美夫賞(国際ビル/東京、2020)
「群馬青年ビエンナーレ2021」入選(群馬県立近代美術館/群馬、2021年)
「第8回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展」入選(豊橋市美術博物館/愛知、2021)
アートアワードトーキョー丸の内 2022 後藤繁雄賞(丸の内オアゾ 1F〇〇広場/東京、2022)

など

作品